本文へスキップ

  蓮光院は、みなさまの願い、お悩み、お気持ちに寄り添って一緒に考えます。 

    電話でのお問い合わせはTEL.0257-26-2109
     〒949-3675  新潟県柏崎市米山町2,260

コンセプトお寺の歩み

寺伝によれば、 和銅四年(711)             越前の修験行者・泰澄の開山と伝えています。

泰澄は米山伝説に登場する人物で、
日本海を通る北前船に米の托鉢を乞うたところ
拒否されたため、神通力をもって米山山頂に米を飛来
させた、という行者でした。
泰澄は海岸と米山山頂を往来し行をしたと
伝えられますが、その海岸で庵を結んだ所が
蓮光院の始まりといわれています。
その後、弘法大師空海が真言密教を開かれた後、
真言宗をお寺の宗旨と定め、高野山金剛峯寺の
末寺として歴史を下ってきます。

この地は北国街道の難所、米山峠の
西の入り口にあたります。
それ故に江戸時代には関所が設けられ、
佐渡からの金、出女入鉄砲を監視する要衝ともなり、
宿場町としても大いに賑わいました。
蓮光院はその関所に隣接して在り、
近郷の通行手形の発行も行いました。

しかし、元和二年から天明元年にかけて数度の災害により壊滅しますが、
寛政九年(1797)高田藩主榊原政永公の援助を受け、
南光坊の在った現在地に移転再建を果たしました。

さらに、大正九年(1920)鉢崎大火により
本堂、鐘楼、庫裏、鎮守等ことごとく焼失。
戦時下にも関わらず昭和七年(1932)再び復興され現在に至ります。
蓮光院の歴史は言うならば、罹災と復興の歩みでした。

明治十四年(1881)高野山大学の教授を勤めていた
蓮光院住職・西村淨憲師は
東京文京区護国寺・新義派大学林の教授に迎えられました。
淨憲師の功績を顕彰する墓石が当院墓所にあります。

明治以降は、奈良県桜井市に在る真言宗豊山派・
総本山長谷寺
末寺として活動を続けています。




shop・ info店舗情報


蓮光院・はっさき地蔵堂

〒949-3675
新潟県柏崎市米山町2,260
TEL.FAX.0257-26-2109

手作りHP
取材・編集・管理
住職 中村淨光
e-mail
joukou-n@gol.com


寺報『
彩 寺 記 』は
こちら



ルミガン